弁護士コラム

2016.12.12

41 年休における出勤率の計算

出勤率を計算する場合、労務に服さなかった期間については、㋐欠勤扱いとするのか(分母はカウントするが分子はカウントしない)、㋑それとも出勤したものとみなすのか(分母も分子もカウントする)、それとも、㋒そもそも全労働日に含まれないのか(分母も分子もカウントしない)が問題になります。

この点については、労基法や通達で規定があるものもあれば、規定がなく解釈による場合もあり、全労働日に入るかどうかについて判例で争われたものもあります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

  • Office Side
  • お問い合わせ
  • WEB予約はこちら
WEB予約 こちら