弁護士コラム

2016.12.12

45 年次有給休暇中の賃金

年休中の賃金については、平均賃金や所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金、これらの額を基準として厚労省令で定める基準で算定した賃金を支払わなければなりません(労基法39条7項)。

年休中の賃金の規定は就業規則で定めることになります。

なお、労使協定により、健康保険の「標準報酬日額」に相当する金額を支払う旨定めたときは、これによることになりますが、この場合も就業規則に定めが必要です。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

  • Office Side
  • お問い合わせ
  • WEB予約はこちら
WEB予約 こちら