弁護士コラム

2016.11.25

45.相続の承認及び放棄の方式

相続の限定承認及び相続の放棄は、家庭裁判所に対して一定の手続き(申述)を必要とします。

これに対して、相続の単純承認は、何らの方式を要しません。

相続人が、限定承認も放棄もしないで、3か月間の熟慮期間を経過すれば、単純承認したものとみなされます(法定単純承認)。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

  • Office Side
  • お問い合わせ
  • WEB予約はこちら
WEB予約 こちら