弁護士コラム

2016.08.02

■離婚後の親権

父母が婚姻中は、子の親権は父母に帰属し、共同で行使するのが原則です(民法818条3項)。

しかし、離婚により婚姻が解消された場合には、共同で親権を行使させることは不適当なので、民法819条は父母の一方を親権者と定めなければならないものとしています。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

  • Office Side
  • お問い合わせ
  • WEB予約はこちら
WEB予約 こちら