弁護士コラム

2016.07.07

◆保険料の負担

健康保険、厚生年金、雇用保険の保険料は、事業主と労働者が折半して負担します。他方で、労災保険は、事業主が全額を負担します。

健康保険、厚生年金、雇用保険の保険料は、賃金から控除されますが、労災保険料は全額事業主負担のため、賃金から控除することは違法となり、別途納付する必要があります。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

  • Office Side
  • お問い合わせ
  • WEB予約はこちら
WEB予約 こちら